コロナ感染の榊原徹士 経過観察終え仕事復帰を報告 クラスター舞台ゲスト出演

[ 2020年7月18日 14:00 ]

 出演者やスタッフ、観客から新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した、俳優山本裕典(32)が主演した舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」にゲスト出演し、新型コロナウイルスに感染した吉本坂46の榊原徹士(30)が18日、自身のツイッターを更新し、復帰を発表した。

 榊原は直筆のメッセージを掲載。「この度、舞台『THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―』の共演者の方から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、私もPCR検査を受けた結果、7月12日に陽性反応が確認されました」と説明。「昨日まで経過観察をし、二次感染の可能性がない旨を確認しまして本日より復帰させて頂きます」と復帰を報告した。

 続けて「応援して頂いている皆様、関係各所の皆様、ご心配、ご迷惑をお掛けしまして、誠に申し訳ございません。心よりお詫びを申し上げます」と謝罪した。

 さらに「また、舞台をご覧になっていただいきました方々の中に、症状がある方、また現状しょうがない方も保健所や相談センターにご相談下さいますようお願いします」と呼びかけた。

 舞台主催のライズコミュニケーションは15日に出演者17人、スタッフ8人、観客34人の計59人に陽性反応が確認されたと公式サイトで発表。上演期間中の6月30日から7月5日の「すべての公演において陽性者が確認されております」とし、多数の感染者が出た原因について「現在、当社スタッフ、関係者の方々から聴き取りを行い、保健所と情報を共有し、事実調査を行っております」とした。

 同舞台は6月30日から今月5日まで、東京・新宿のシアターモリエールで上演。同社によると、6日に出演者で8人組男性グループ「Super Break Dawn」のTAKUYA(23)の感染が判明。すべての共演者とスタッフが8日にPCR検査を受け、俳優・山本裕典(32)らに9日に陽性反応が出た。山本、TAKUYA、俳優の松村優(24)、タレントのサッシャ(43)はすでに退院している。

 榊原は舞台に3日ゲスト出演。共演者の陽性反応を受け、12日に陽性が判明したことを所属事務所が発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース