山下智久、亀梨和也の前では自制心緩む「安心している」「彼の家で寝ちゃったりとか」

[ 2020年7月18日 18:30 ]

山下智久
Photo By スポニチ

 歌手で俳優の山下智久(35)が18日放送のTOKYO FM「リリー・フランキー スナックラジオ」(土曜後4・00)にゲスト出演し、KAT-TUNの亀梨和也(34)について話す一幕があった。

 パーソナリティーのリリー・フランキー(56)から「ステイホーム期間に体を鍛えすぎて胸板凄いね」と問われ、山下は「自分に何かノルマを課さないと、ちょっとダメになっちゃいそうだなと思ってやっていましたね」と告白。のんびり出来ないタイプであること認めつつ、「何かやっていないと不安なんですよね。抜け出せないですね、この生活スタイルというか、考え方というか。今日何かインプットしたかな?みたいな感じで、ソワソワしてきちゃう」と吐露した。

 自身はわりとキッチリしているが、付き合う相手に完璧は求めないという。「例えば一緒に住んでいる人がいて、その人は別に(家のことを)何にもしなくても、全然気になんないというか。むしろ家の時間を楽しめる人のほうが良いですね」と打ち明けた。

 年々、自制心が強くなり、友人との酒の席でもめったに酔わなくなったことも明かした。山下は「でも亀梨(和也)君とかと飲んでいると、一応安心しているし、もう20年来の付き合いなんで、彼の家で寝ちゃったりとかはするんですけど。(自制しないのは)本当にそれくらいですね」と、気の許せる相手であることを話した。

 その亀梨とのユニット「亀と山P」として、初のオリジナルアルバム「SI(シー)」は発売延期になり、大阪・京セラドームと東京ドームで予定されていたコンサートは開催中止になった。

 リリー・フランキーから「先のことは分かんないんだから、先のことばっかり考えて今日を見失わないように。今日楽しいことに身を任せるのも良いかもしれないよ」とアドバイスされ、山下は「ありがとうございます。今日もしっかり楽しまなきゃいけないなと思いましたね」と、締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース