撮影中のTBS新連ドラ、三浦春馬さん追悼「現場ではムードメーカー」「皆から愛される方」

[ 2020年7月18日 22:08 ]

俳優の三浦春馬さん
Photo By スポニチ

 俳優の三浦春馬さん(享年30)さんが出演を予定していた9月スタートのTBS連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(火曜後10・00)が18日、公式ツイッターで三浦さんを悼んだ。

 「本日、猿渡慶太役の三浦春馬さんがお亡くなりになりました。撮影現場ではムードメーカーでいつも現場を明るい笑顔で盛り上げ、大変な時にはそっと手を差し伸べてくれる優しさもある、皆から愛される方でした。スタッフ一同、心よりお悔やみ申し上げます」と追悼した。

 「おカネの切れ目が恋のはじまり」は女優の松岡茉優(25)主演のラブコメディー。松岡演じる“清貧女子”のアラサー会社員の相手役で、金にルーズな浪費男子を三浦さんが演じ、撮影は6月中旬から行われていた。三浦さんの同ドラマ出演は今月14日に発表されたばかりだった。

 三浦さんは14日に更新したインスタグラムで、自身が演じる役柄について「今回自分が演じさせて頂くキャラクターはおもちゃ会社のドラ息子で破壊的浪費癖があるものの、ポジティブで真っ直ぐな猿渡慶太を演じます」と説明。そして「日に日に暑くなって参りましたが、キャスト、スタッフ一同、テレビの前の皆様に9月から、より笑って頂きたく撮影に励んでおります!楽しみにいていてください!」(原文まま)とファンにメッセージを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース