和田アキ子 前倒し「Go To」に困惑「みんな言っていることがころころ変わる」

[ 2020年7月18日 15:31 ]

和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(70)が18日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演し、22日から開始する国による観光支援策「Go Toトラベルキャンペーン」についてコメントした。

 東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多を更新。関東圏のみならず、各地で感染が広がっていることに大阪出身の和田は、「大阪は大阪のやり方で、吉村さん(洋文府知事)頑張って良かったのに。みんな非常事態を解禁してからそれからですよね」と現状を嘆いた。

 スタッフと共に緊急事態宣言を今、出せない理由が分からないと話し合ったとしつつ、和田は「経済が動かなきゃいけないって言うけど、何かみんな言っていることがころころ変わるからさ」と指摘。「県をまたいで行かないでくださいって言ってるわりには、前倒しでGo Toキャンペーンって何なのこれ」と疑問を呈した。

 「Go Toキャンペーン」において、政府は東京都が全国の新型
コロナウイルス感染者数の約半数を占めることなどを理由に、東京を目的地とする旅行や都内の旅行、都内居住者の旅行は当面、補助対象から除外とした。これに和田は「東京(が除外)というので小池さんがまたちょっとご機嫌ななめみたいだけどさ」と、小池百合子都知事の反応をコメントしたうえで、地方の首長の中には、他都道府県からの旅行を望んでいない現状に触れた。

 「何か分かんないの。来て欲しくないって言う人もいるんだからさ。来て欲しくないって言うのに、行く必要ないと思うんだけど。微妙ですよね」と、困惑気味に締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース