三浦春馬さん死去 所属事務所が発表「詳細に関しましては、現在確認中」

[ 2020年7月18日 18:32 ]

俳優の三浦春馬さん
Photo By スポニチ

 俳優の三浦春馬(みうら・はるま)さんが18日、死去した。所属事務所「アミューズ」が同日、公式サイトで発表した。30歳だった。

 同事務所は「弊社所属の三浦春馬が、2020年7月18日に亡くなりました」と訃報を伝え、「ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご心配、ご迷惑をお掛けしておりますが、詳細に関しましては、現在確認中であり、改めてご報告させていただきますので、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます」とした。

 三浦さんはこの日午後、東京都港区の自宅で首をつった状態で見つかり、搬送された病院で死亡が確認された。自殺とみられる。室内には遺書のようなメモがあった。芸能関係者によると前日17日も変わりなく元気に仕事をしていたという。

 ◆三浦 春馬(みうら・はるま)1990年(平2)4月5日、茨城県生まれ。97年のNHK朝の連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。07年の「恋空」で日本アカデミー賞新人俳優賞。「奈緒子」で08年毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞受賞。1メートル78、血液型AB。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース