今田耕司 木下優樹菜さん引退で持論「根性がちゃうんちゃうかな」

[ 2020年7月18日 12:51 ]

今田耕司
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの今田耕司(54)が18日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。木下優樹菜さん(32)の電撃引退で持論を展開した。

 昨年10月の“タピオカ騒動”を受け、同11月から活動を自粛していた木下さんは今月1日、芸能活動再開を発表。そのわずか5日後、6日に一転して、芸能界引退を発表した。

 番組の収録は木下さんが引退発表からわずか1時間後。この日は木下さんの元夫・「FUJIWARA」藤本敏史(49)がゲスト出演だったこともあり、番組冒頭から特集した。

 元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)は「心配だなと思うのでは、芸能界引退するということは事務所のいろいろなサポートもあったと思う。それを受けられないとなると、本人相当キツイんじゃないかなと思う」と指摘した。

 これを受け、今田は「言わせてもらいますけど、ギャルは根性あるんすよ。優樹菜ちゃんもそうやけど、(佐々木)希ちゃんも。俺の中で理想のタイプはギャルに変わってきた」と発言。「ギャルは芯が強い、芯が1本筋が通ってる。半端やない。ギャル界で生き残ってた子っていうのは。ギャルはやっぱり1本筋が通ってるから、太蔵くんの心配もわかるけど、ちょっと根性がちゃうんちゃうかなと。子どもために生活していかなあかんってことにギャルは半端じゃないと思う」と持論を展開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース