生田絵梨花 体調不良で「音楽の日」生出演取りやめ 三浦春馬さんと3月舞台で共演

[ 2020年7月18日 20:41 ]

乃木坂46の生田絵梨花
Photo By スポニチ

 乃木坂46の生田絵梨花(23)が18日、体調不良のため、TBSの大型生放送特番「音楽の日」の出演を取りやめた。生田は「ファンが選んだディズニーソングTOP10カバーリレー」のコーナーで歌声を披露する予定だった。

 同番組の公式サイトで「本日ご出演予定でした生田絵梨花さんは体調不良により代役として久保史緒里さんにご出演いただきます」と発表。本番では同じく乃木坂46の久保史緒里(19)が代役を務め、欅坂46の松田里奈(20)、日向坂46の佐々木美玲(20)とともに「リトル・マーメイド」の楽曲「パート・オブ・ユア・ワールド」を披露した。

 生田は、18日に急死した俳優・三浦春馬さん(享年30)と今年3月にミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド~汚れなき瞳~」で共演。同作は英作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー氏の作品で、三浦さんが脱獄犯の男、生田が男をキリストの生まれ変わりと信じる純粋な少女を演じた。東京・日生劇場で3月7~29日に上演予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により公演期間が大幅に短縮された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース