藤井猛九段がJT杯解説 快勝の藤井聡太棋聖称賛「わずかな得を生かして勝ちへ結びつける」

[ 2020年7月18日 17:38 ]

藤井猛九段
Photo By スポニチ

 JT杯の解説を藤井猛九段(49)が務めた。終局後、藤井聡太棋聖(17)の快勝を「自然に自然に押していく。ほんのわずかな得を生かして勝ちへ結びつける指し回しがうまい」と称えた。

 特別、菅井竜也八段(28)に悪手があったわけではないとする103手の戦い。ただ、「相穴熊の将棋は、遊び駒があると差がつきやすい」と指摘する。囲いから、単騎離れた菅井銀が負担になったとの見立てで、着実に駒得を重ねた藤井聡の構想に対し、75手目時点で「はっきり先手優勢」と断じた。

 同姓の藤井聡に対しては、棋聖を奪取した16日の第4局直前、本紙取材に「多少生意気なくらいに」とアドバイスを送った。自身が谷川浩司竜王から4連勝でタイトル初挑戦奪取した1998年を回想し、大舞台にも萎縮することなく振る舞うよう助言。平成以降のタイトル初挑戦は第4局まで計34人が挑み、成功が6人に止まった歴史があった。

 「派手な手はなくても一手指すごとに確実に差が広がる。的確な手が刺さる」。老成した17歳の強さをそう分析した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース