藤井聡太監修ゲームも“棋聖バージョン”にアップデートへ!開発担当者「何かしらの変更加える」

[ 2020年7月18日 06:20 ]

藤井棋聖が監修した「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」公式HP。ゲーム画面も同様にタイトル獲得を祝福する図柄が入るという(C)2020 Game Studio Inc. All rights reserved.

 藤井聡太棋聖(17)の監修で3月に発売されたニンテンドースイッチのゲームソフト「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング(将トレ)」(税別4500円)が“棋聖バージョン”にアップデートされる。

 製作会社「ゲームスタジオ」で開発を担当した綾部幸二プロデューサーは「開始画面に“祝棋聖獲得”と図柄を入れるなどの変更を行う」とした。ゲームへの反映は約2週間後。既に公式ホームページやツイッターなどは、棋聖バージョンに変更されている。

 他にもゲーム自体に「何かしらの変更を加える」というが、内容については「ゲームを購入してくれた方たちに、最初に気付いてほしい」と公表を避けた。

 将トレは藤井棋聖もプレーしている。製作サイドには、藤井棋聖からAIの強さや思考について制作サイドへの提案があったそうで、こまめな変更が加えられてきた。

 タイトル獲得によって今後はより忙しくなりそうで、綾部さんは「お時間ができた時で良いので、藤井棋聖からアドバイス頂けるとうれしい」と期待している。

 綾部さんによると、将トレは「これまでの将棋ソフトの、古風で和風な形を変えたかった」という意欲作。対局モードのほか、将棋をストーリー形式に沿ってプレーすることで覚えられるモードもある。藤井棋聖が「きょうはどうしたの?」などと優しい言葉を掛ける姿が“乙女ゲーム”と呼ばれる女性向け恋愛ゲームのようだと話題になっている。

 綾部さんは「乙女ゲームを作ろうとしたつもりはないですが、藤井さんの画像は100近いパターンがあるし、楽しんでもらえればうれしい」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース