劇団ひとり クラスター発生の舞台をバッサリ「この人たちの責任って相当重い」

[ 2020年7月18日 14:53 ]

劇団ひとり
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の劇団ひとり(43)が18日、テレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」について怒りをあらわにした。

 舞台主催者側は感染対策の徹底を主張しているが、取材では「ステージと客席の距離が近い」「終了後に、観客と主演者が握手やハグをしていた」「換気が徹底されていないかった」などの問題点の指摘も出ている。一部出演者からの体調不良の訴えもあったが、上演を継続していたという経緯もある。

 ひとりは「なんか(対策を)徹底的にやっておけば、世間の皆さんもそこまでやって広がっちゃったらしょうがないよって言ってくれると思う」と指摘。「こういうことがあると、『ほらみろ、舞台なんかやるもんじゃない』って言われちゃうから、この人たちの責任って相当重いと思う。(体調不良も)申告してるんですからね」と断罪した。

 番組MCの中居正広(47)も「ほかの舞台にも影響が出ちゃうから」と同意し、「管理が甘かったのかな」とした。

 同舞台は6月30日から今月5日まで、東京・新宿のシアターモリエールで上演。舞台主催のライズコミュニケーションは15日までに出演者17人、スタッフ8人、観客34人の計59人に陽性反応が確認されたと公式サイトで発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース