百田尚樹氏 三浦春馬さん急逝に「残念としか言いようがない」 映画「永遠の0」に出演

[ 2020年7月18日 17:43 ]

百田尚樹氏
Photo By スポニチ

 作家の百田尚樹氏(64)が18日、自身のツイッターを更新。急死した俳優の三浦春馬さん(享年30)を追悼した。

 三浦さんが出演した映画「永遠の0」の原作者である百田氏は「三浦春馬さんの訃報に驚いている。映画『永遠の0』の撮影時に何度か話をした。真面目で誠実な青年だった。食事の席で私と山崎貴監督が映画の話をしている時、横で真剣に聞いていたのが印象に残っている」と回顧。「人としても俳優としてもこれからという時に、残念としか言いようがない。ご冥福を祈ります」と悼んだ。

 続けて「三浦春馬さんの所属プロダクションの社長の奥さんと話していて、たまたま彼の話題になった時、『あの子は本当にいい子!』と彼女は力を込めて言っていたのを思い出した。性格も人柄もいい人だった」と続けて投稿した。

 三浦さんは18日午後1時ごろ、東京・港区の自宅で首を吊っているのが見つかり、搬送された病院で死亡が確認された。芸能関係者によると前日17日も変わりなく元気に仕事をしていたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース