福山雅治“超有名ビッグスター武将”演じることに不安「腰使い大変」「骨盤をパッカパッカ」

[ 2020年7月18日 16:36 ]

歌手で俳優の福山雅治
Photo By スポニチ

 歌手で俳優の福山雅治(51)が18日放送のTOKYO FM「福山雅治 福のラジオ」(土曜後2・00)に出演し、戦国武将について語る一幕があった。

 番組では、福山に演じて欲しい歴史上の人物や、アニメやマンガの“おじさまキャラ”を募集。女性リスナーからの「武田信玄を演じてほしい。いつか頭を丸めた福山の顔を拝顔したい。馬を駆ってさっそうと戦ってほしい」とのメッセージを紹介した。

 これに福山は「馬なぁ。馬が大変なんだこれ」と吐露。過去にCM撮影で乗馬を経験したことを振り返り、「乗馬のね、騎乗って本当に大変なのよ。あの腰使いが。骨盤をこうパッカパッカパッカパッカやるのが本当に難しくてね。出来なかったな」と明かした。

 現在の山梨県、甲斐国を治めていた武田信玄は「風林火山」と書かれた旗をなびかせ、次々と領地を拡大。越後国の上杉謙信との一騎打ち「川中島の戦い」は、戦国史上最大の激戦とも言われる。

 偉大なる武将が残した言葉を次々に紹介しつつ、福山は「信玄さんの言葉、いっぱいあるな」とし、「とにかくその戦いの中で得てきた『超有名ビッグスター武将』ならではの、勝ち方っていうのの名言がいっぱいあるね」と、ご機嫌に語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース