中居正広 退所当日に“大失態”やらかす「タモさん、ごめ~ん!」と“半泣き状態”に

[ 2020年3月31日 19:28 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が31日、笑福亭鶴瓶(68)とともに番組MCを務める日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース 20年突入4時間SP!!」に出演。オープニングからベテラン司会者らしからぬ“大失態”を犯し、共演者たちから総ツッコミを受ける場面があった。

 同日を最後にジャニーズ事務所を退所する中居がMCを務める「仰天ニュース」も番組開始から早や20周年。メモリアルを祝うべく、ひな壇には豪華ゲストが並んだが、そこにはひとつ空席があった。ここで「遅刻かな!?」と楽しそうな声で“スペシャル感”をあおった中居。だが、次の瞬間、中居が勢い余って「これはタモさんね!…タモさんじゃない…」と口走ると、スタジオのゲスト陣は頭の中が「???」の状態となった。

 すると、ともに長年番組MCを務める鶴瓶がたまらず苦笑いしながら「アホッ!」とツッコミ。これにゲストのお笑いタレント・陣内智則(46)が「今ちょっと言った!」と乗っかった。だが、中居は焦りながらも「言ってないわ!タモさん、日テレ出禁だもんね!」とジョークを放ってその場を収めようとした。しかし、すべては後の祭り。鶴瓶の「こんなん、ある?」という呆れた声に観念した中居は「タモさん、ごめ~ん!」と“半泣き顔”でセット裏の方向に向かって大声を張り上げた。

 なんとも微妙な空気の中、スペシャルゲストのタモリ(74)がここでスタジオに登場。「早く出せよ!早く!バレてんだから」と苦笑いしながらツッコむタモリに「オレ見て『タモさん』やて」と鶴瓶。中居が「タモさんて言っちゃった…」とうなだれる中、「一番バカみたのオレじゃないの」というタモリに「ごめんなさい…」と消え入りそうな声で平身低頭の中居だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース