ぺこ 新型コロナ感染を危惧「テレビなど収録とかやめてほしい」

[ 2020年3月31日 17:45 ]

モデルのぺこ
Photo By スポニチ

 タレントのりゅうちぇる(24)の妻でモデルのぺこ(24)が30日、ツイッターを更新し、新型コロナウイルス肺炎のため死去した志村けんさん(享年70)を追悼するとともに、感染を危惧し、テレビなどの収録を早くやめてほしいと訴えた。

 ぺこは「志村けんさんのご逝去を知り、ただただ信じらないでいます。『志村どうぶつ園』ではたくさんの素晴らしい経験をさせていただき、番組でご一緒させていただいたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。悲しくてたまりません。安らかなご永眠をお祈りいたします」と志村さんを悼んだ。

 さらに続けてのツイートで「わたしが言っていい立場か正直わからないけど、言わせてください。。。テレビなどもはやく収録とかやめてほしい、やめたほうがいいと心から思っています」と訴え「もちろんニュースを伝える大切なお仕事ではありますが、アメリカではゲストはなしで家から中継したりとか、ほんとうに最少にしていると聞きました。必然的に人と近い距離で話す、当たり前に数十人が同じ空間にいるなど。怖いと思う条件がたくさんあります」と、新型コロナウイルス感染を危惧した。

 31日にも投稿し「今日もお仕事行かないと行けない方、たくさんいると思います…!家族のりゅうちぇるもそう。不安ななか、ほんとうにおつかれさまです どんよりしてしまうけど、少しでも気持ちだけは明るく持って、それぞれの最善の過ごし方で、どうか少しでもハッピーな1日になりますように」と願っていた。

 ぺこは2018年7月に第1子の男児を出産した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース