鈴木杏樹 ラジオで涙こらえ志村さん追悼「穏やかであたたかくて、大好きだったんです」

[ 2020年3月31日 22:35 ]

女優の鈴木杏樹
Photo By スポニチ

 女優の鈴木杏樹(50)が31日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」に出演。新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で亡くなったタレント・志村けんさんを追悼した。

 鈴木はラジオ内で「本当に信じられなくて…嘘だと言ってほしいと本当に何度も思いました」と繰り返し、志村さんとの思い出について「『ミュージックフェア』という番組で毎週フジテレビに行かせていただいていたのですが、楽屋がお向かいになることがときどきあって。その時にごあいさつさせていただいたり、あとは20、30代のときに志村さんの番組にも出させていただいたことがあったり」と振り返った。

 また、小さい頃から志村さんが出演する番組が好きだったといい「志村さんにお会いするだけで子供のころの気持ちに戻っちゃうから、ドキドキしちゃうのよね。静かに、はにかむような笑顔でいらっしゃる方なんですけど、本当にオーラが凄くて…。お会いすると緊張して息が止まってしまうような、そんなオーラをお持ちの方」と志村さんの人柄に触れ、「でも穏やかであたたかくて、もう大好きだったんです。本当に偉大な方ですし、貴重な宝のような方だなあと思って。残念だし、悲しいし、さびしいね。日本中の方がそう思っているんじゃないかなって…」と声を詰まらせた。

 鈴木は涙をこらえて「みんなの心の中で心いっぱいご冥福をお祈りしましょう。感謝と愛をこめて」と語り「ヒゲダンス」のテーマ曲を流し、故人を悼んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース