テレ朝・早河会長 志村けんさんの功績称える「唯一無二…お笑いの大きな足跡残された」

[ 2020年3月31日 14:41 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の早河洋会長兼CEOは31日、東京・六本木の同局で定例会見を行い、新型コロナウイルス肺炎のため29日に死去したタレントの志村けんさん(享年70)について追悼した。

 早河会長は志村さんの訃報について「存在と活躍の足跡からして大きなニュースとしています」とコメント。「ご出演いただいばかりで、衝撃を受けております。過去の作品では、年始の恒例特番や、ドリフターズがらみの番組もあり、大変お世話になりました」と感謝した。

 「唯一無二のオリジナリティーがあり、お笑いの大きな足跡を残されたと思っております。その偉業を讃えますとともに、ご冥福を心からお祈りしたいと思います」と追悼した。

 志村さんは新型コロナウイルス感染公表後となる25日に放送された同局の「あいつ今何してる? 過去爆笑&涙3時間SP」にゲスト出演。番組では「この収録は3月10日に行われたものです」のテロップを表示して対応した。豪快な笑いを見せるなど元気な様子を見せ、かつて結婚を前提に交際していた13歳年下の元アイドル歌手の存在を初告白。「相手の親にもあいさつした方がいいって(話になった)」などと語った。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース