渡部秀 事務所移籍を報告 10年間所属のアミューズに感謝「たくさんの愛を頂いた」

[ 2020年3月31日 12:42 ]

渡部秀
Photo By スポニチ

 俳優の渡部秀(28)が31日、自身のインスタグラムを更新。同日をもって、所属していたアミューズからG-STAR.PROに移籍することを発表した。

 渡部は「この様な時代ですが1つ発表させてください」と書き出し、「私、渡部秀は本日2020年3月31日をもってお世話になりましたアミューズから、新しく株式会社G-STAR.PROへと移籍する事となりました」と報告。「役者を初めて早10年たくさんの愛を頂いたアミューズには感謝しかありません。こんな何も知らない自分を1から育てて下さり本当に本当にありがとうございました」とつづり、移籍を決断したことについては「これからしたい事、プロジェクト、新たなチャレンジをしたく数年前より考え今回移籍する事になりました」と説明した。

 今後は「これからは今まで以上に皆様に近く、そして自由な生き方を見つけていきたいと思います」として「新たな人生のスタートを皆様どうか暖かく見守って頂ければ幸いです。そして4月1日からの渡部秀もどうぞ宜しくお願い致します」と締めくくった。

 ◆渡部 秀(わたなべ・しゅう)1991年10月26日生まれ、秋田県出身。08年に「第21回JUNONスーパーボーイコンテスト」で準グランプリを獲得。10年には平成仮面ライダーシリーズ12作目となる「仮面ライダーオーズ」(テレビ朝日系)で主人公の火野映司を演じ、連続テレビドラマ初主演を飾った。その後は「科捜研の女」(テレビ朝日系)に出演するなどをして、舞台でも活躍。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース