志村さんの兄・知之さん「最高の弟」 2月に古希、紫ちゃんちゃんこに喜んでいたのに…

[ 2020年3月31日 05:30 ]

志村けんさん死去

2月25日に東京・麻布十番で開かれた親族による古希の祝いで紫色のちゃんちゃんこ姿で笑顔を見せる志村けんさん。右はおいの志村憲之さん(遺族提供)
Photo By 提供写真

 兄の知之さんにとって志村さんは自慢の弟だった。知之さんは「最高の弟。厳しい芸能界で50年以上頑張ってきたことは凄いと思う。高校を出て、ボーヤから始まって一流の芸能人になって。ゆっくり休んでほしい」と話した。

 先月25日に家族で古希を祝った。知之さんの長男が用意した紫のちゃんちゃんこを見て、志村さんは「こんなの着るのか?」とおどけながら、凄く喜んだという。好物の芋焼酎を贈られるとうれしそうにしていた。

 志村さんは例年、正月を知之さんの自宅で過ごした。「普段は仕事の話はしないけど今年の正月は聖火ランナーや映画の初主演、NHKのドラマ出演が決まったと話してくれた。よほどうれしかったんだろうね」と、志半ばで旅立った弟の思いを無念そうに明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース