安藤優子キャスター、志村さん死去に声震わせ「このコロナの一番酷い部分は…」

[ 2020年3月31日 20:58 ]

安藤優子キャスター
Photo By スポニチ

 安藤優子キャスター(61)が31日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。新型コロナウイルスによる肺炎で29日に亡くなった志村けんさん(享年70)を追悼した。

 30日に東村山市の実家で報道陣に対応した兄・知之さん(73)のコメントをVTRで放送。知之さんは「感染症の問題があるから、病院に行っても会えなかった。今後も遺体の形では会えない。だからもう顔を見ることもできない」と涙を流した。

 番組では新型コロナウイルスで亡くなった人の遺体について「遺体からの感染を防ぐため遺体の全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましい」「遺族等の意向にも配慮しつつ極力そのままの状態で火葬するよう務める」と厚労省のガイドラインを伝えた。

 安藤キャスターは「ここが一番厳しいというか、酷(むご)い部分ですよね。ご家族にしてみれば、最期を看取ることすらできなかった。私はこの新型コロナウイルス感染症のもっとも酷いところだと、つくづく思いました」とコメント。

 「志村さんがたった一人で亡くなっていったと思うと、本当にね…胸が詰まりますね…」と声を震わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース