ヨネスケ 先月の志村けんさん誕生会の様子を報告 「青天のへきれきとは、こういうこと」

[ 2020年3月31日 10:47 ]

タレントのヨネスケ
Photo By スポニチ

 落語家のヨネスケ(71)が31日、フジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)で、新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で亡くなったタレントの志村けんさんとの思い出を語った。

 ヨネスケは、志村さんの古希を祝って2月22日に開かれた誕生会に出席している。「毎年毎年誕生会はね、行っているんですけど。凄いなと思うのは、来る人たちが20代から私たち70代まで年齢層が凄い幅が広くて。しかもスポーツ界から女優さんからモデルさんから…いろいろな人が来る。それだけ志村さんがいかに愛されていたかってことですね」と人脈の広さを伝えた。

 会での様子について「全然…だって顔色もいいし。普通に…全然変わっているところはなかったですよ」と急逝が信じられない様子。「青天の霹靂(へきれき)とは、こういうことを言うんだと思いましたね」と、元気だった頃の様子を明かした。

 ただ「ちょっとお酒は控えめかな。10年前はガンガンいってましたけど。それとは違いましたけど」とも付け加えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース