宮藤官九郎氏 新型コロナウイルス感染、前日ラジオ生放送欠席「まさか自分が、と過信」

[ 2020年3月31日 22:26 ]

宮藤官九郎氏
Photo By スポニチ

 脚本家・演出家の宮藤官九郎氏(49)が新型コロナウイルスに感染していることが31日、分かった。所属事務所の「大人計画」がホームページで発表した。

 宮藤氏は30日に月曜パーソナリティーを務めるTBSラジオ「ACTION」(月~金曜後3・30)生放送を欠席、その際は腎盂(じんう)炎のためとしていた。また、大人計画は4月2日初日のウーマンリブVol.14「もうがまんできない」公演を同12日まで中止することも発表していた。

 発表は以下の通り。

 【重要な報告】
 いつも大人計画を応援して頂きありがとうございます。また、ウーマンリブVol.14「もうがまんできない」公演の一部中止に関しまして、大変ご迷惑をおかけ致しております。
 ご報告がございます。
 先日より、腎盂炎の治療をしておりました宮藤官九郎が、3月31日夜、同時に新型コロナウイルスに感染していることが判明致しました。
 現在、腎盂炎の発熱と腰の痛みは快方に向かっております。と同時に、新型コロナウイルス感染による症状は、発熱があるのみです。
 今後の「もうがまんできない」公演、また宮藤の活動に関しましては、改めて当ホームページにて発表させて頂きます。
 関係者の皆様、そして大人計画の公演を楽しみにお待ち頂いております皆さまには、ご心配とご迷惑をおかけ致しまして、誠に申し訳ございません。
 心よりお詫び申し上げます。

 <宮藤官九郎より>
 まさか自分が、と過信してしまいました。
 罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです。
 腎盂炎の腰の鈍痛も消え、さあこれから…という時に。
 チケットを買って下さった皆さまにも、役者、スタッフにも、家族にも、悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ございません。
 幸い、落ち込んだり、泣いたりする体力はあるし、肺炎や風邪の症状も今はありません。
 少しでも早く、元気な姿をお見せ出来るよう、治療に専念します。
 宮藤官九郎

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース