藤井聡太七段 棋聖戦準決勝進出、タイトル初挑戦へあと2!千日手指し直し局で勝利

[ 2020年3月31日 22:41 ]

大阪市の関西将棋会館で午前10時に始まった棋聖戦の決勝トーナメント準々決勝で菅井竜也八段と対戦中の藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が31日、大阪市の関西将棋会館で指された棋聖戦の決勝トーナメント準々決勝で菅井竜也八段(27)と対戦。同一局面を4回繰り返す「千日手」が成立し、無勝負となった後の指し直し局で146手で勝ち、初のタイトル挑戦まであと2勝に迫った。

 タイトル獲得歴もあるバリバリの実力者相手の千日手は、日を跨ぐ激闘となった昨年5月の竜王戦4組ランキング戦決勝以来。「指し直し局は仕掛ける手を見つけられず、少し不本意な展開になったが、終盤になんとか食いつくことができた」というが、残り2分まで持ち時間をぎりぎり使って勝ち筋を読み切り、前回同様に勝利の女神を引き寄せた。

 厳しい戦いとなった年度最終対局を制し、史上初の3年連続勝率8割以上という偉業に花を添えた藤井。準決勝では郷田真隆九段(49)と佐藤天彦九段(32)の勝者と対戦するが「次の対局も非常に大事ですが、普段通り落ち着いて指せれば」と話した。
 記録4部門のうち、勝数と勝率で1位が確定。53勝12敗、勝率0・815(いずれも未公開対局を含む)の成績で実質的なプロ3年目を終えた。

 来年度の目標はもちろん初のタイトル挑戦と獲得。棋聖戦は藤井にとって史上最年少タイトル挑戦記録更新がかかる最後の棋戦で、現在の記録は屋敷伸之九段(48)が持つ17歳10カ月だ。決勝まであと2つ勝てば、冠保持者の渡辺明3冠(棋王、王将を含む=35)への挑戦権を手にできる。

 タイトル獲得の最年少記録(屋敷の18歳6カ月)は棋聖に王位、王座、竜王戦を加えた4棋戦で更新の可能性がある。来年度は更なる藤井旋風が吹き荒れそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース