デザイナーの山本寛斎氏 急性骨髄性白血病を公表「スーパー元気になって必ず戻ってきます!」

[ 2020年3月31日 15:14 ]

山本寛斎氏
Photo By スポニチ

 ファッションデザイナーの山本寛斎氏(76)が31日、自身のインスタグラムを更新し、先月、急性骨髄性白血病の診断を受け、現在治療中であることを明かした。

 山本氏は自身の公式サイトで先月22日に急性骨髄性白血病であることを公表しており、今回改めて報告と心境をつづった。

 インスタグラムでは「山本寛斎よりご報告」とのタイトルで更新され「今回のことも新たな挑戦と捉え、前向きに治療に励んでおります」と述べ、「病室での生活を余儀なくされた今、『元気』という言葉の意味を改めて考えています。『元気』がいかに大事であるか、そして『元気』になるためには夢や希望、仲間との絆が不可欠であると日々実感しています」と前を向いている。

 さらに「昨年、ロンドンとスコットランドのダンディーに出張してからというもの、英国圏の文化に夢中で、来年はスコットランドで何かワクワクすることをしよう!と密かに計画中です」とユニオンフラッグの帽子をかぶって笑顔の写真を掲載。最後に「これからも世界中の人々に元気をお届けするため、『スーパー元気な山本寛斎』になって必ず戻ってきます!皆さん楽しみに待っていて下さい!」と締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月31日のニュース