西武 23年シーズンで13選手が社会貢献活動実施 光成、平井、平良は支援内容アップ

[ 2023年3月21日 11:43 ]

救助犬訓練見学会に参加している高橋
Photo By スポニチ

 西武は21日、23年シーズンで13人の選手が寄付金などの社会貢献活動に取り組むと発表した。高橋、平井平良、3投手は、昨年よりも多くの寄付ができるよう、条件を上方修正した。

 3年連続で開幕投手を務める高橋は登板試合ごとに2万円を積み立てて「NPO 法人日本捜索救助犬協会」に寄付する活動を21年シーズンから行っているが、今シーズンは登板数に応じて3万円を積み立てる条件を追加。昨年12月に救助犬訓練見学会に参加して救助犬とふれあい、「頑張っている救助犬たちのために、寄付金額を増やしたい」という思いが芽生え、支援条件を追加した。また、22年シーズンから開始した群馬県の豊かな森林を守る事業への支援は勝利数に応じて3万円を積み立てる内容にした。

 平井は、昨シーズンから登板した試合数に応じて1万円を積み立て、ボールやバットなどの野球用具を自身の地元の愛知県一宮市内の小学校へ寄贈してきた。昨年12月に自身の母校である一宮市立浅野小学校を訪問し、ティーボールセットの寄贈とキャッチボールなどでこどもたちと交流を深めてきた。「一宮市内の小学校すべてにティーボールセットを寄贈できるようにしたい」という思いから、新たに自身が勝利した数に応じて2万円を積み立てる条件を追加した。

 平良は22年シーズン、埼玉県と地元沖縄県の社会福祉協議会に、登板数ごとに1万円を積み立てて、合計金額の半分ずつを寄付してきた。今シーズンから先発に転向することから、登板数ごとに3万円を積み立てる条件に変更。さらに、今井栗山は所沢市在住の知的障害児や肢体不自由児らにベルーナドームのシーズンシートのプレゼントを再開。

 そのほか増田、佐々木、山川、外崎、源田、中村、岸、齋藤誠も社会貢献活動を実施する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年3月21日のニュース