阪神 高野、福永はトライアウト受験へ 現役続行に意欲

[ 2020年11月4日 16:41 ]

阪神の福永春吾投手(左)と高野圭佑投手
Photo By スポニチ

 球団から戦力外通告を受けた阪神の高野圭佑投手(28)、福永春吾投手(26)は来季以降の現役続行に意欲を示した。

 昨季途中に石崎とのトレードでロッテから移籍してきた高野は今季1軍に昇格することができず。「1年半タイガースでプレーさせていただいて、力に全くなれなかったことがとても残念」と無念さをにじませた。今後については「150キロ以上のスピードボールを投げることができているので、それを強みと思ってトライアウトに向けていきたい」と前を向いた。

 16年ドラフト6位で阪神に入団した福永は今季ここまで1軍で1試合の登板にとどまった。「少し覚悟はできていたので、しっかり受け止めることはできた。NPBの他のチームでプレーができるように、トライアウトも受けるつもりですし、気持ちを切らさずに今自分にできることをしっかりやっていきたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース