×

京葉銀行 サヨナラ勝ちで2年ぶり最多8度目V王手!9回に村岡がサヨナラ打

[ 2020年11月4日 05:30 ]

スポニチ主催天皇賜杯第75回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント第3日・準決勝   京葉銀行2―0大阪シティ信用金庫 ( 2020年11月3日    マスカットスタジアムほか )

<京葉銀行・十八親和銀行>9回1死から村岡の右中間への二塁打で二塁走者・小野田が両手を挙げてサヨナラのホームイン
Photo By スポニチ

 準々決勝4試合と準決勝2試合が行われた。静岡ガス(静岡)は準々決勝でひらまつ病院(佐賀)を2―0、準決勝で六花亭(北海道北)を4―2で下し、2年連続3度目の優勝に王手。京葉銀行(千葉)も大阪シティ信用金庫(大阪)を2―0、十八親和銀行(長崎)を1―0のサヨナラで撃破し、2年ぶり最多8度目の頂点にあと1勝とした。決勝は、4日午前9時からマスカットスタジアムで行われる。

 京葉銀行がサヨナラ勝ちで2年ぶりの優勝に王手をかけた。両軍無得点の9回1死二塁から村岡が右中間へ決勝二塁打を放ち、歓喜の輪が広がった。殊勲の2番打者は「サヨナラ打は記憶にありません」と満面の笑み。中原竜太監督は「決勝も全力でプレーするだけ」と王座奪還を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース