中日連敗ストップ!福谷力投8勝 DeNAとの残り2試合1勝1分け以上で8年ぶりAクラス

[ 2020年11月4日 05:30 ]

セ・リーグ   中日7―5DeNA ( 2020年11月3日    ナゴヤD )

<中・D>8勝目を挙げた福谷(左)とリードと打撃でチームをけん引した木下拓は、カメラに向かってポーズを決める(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が接戦を制して連敗を6で止めた。7回途中まで3失点と力投した福谷は自身6連勝で8勝目。昨年までのプロ7年間で挙げた白星を1年で上回ったが「(連敗は)あまり気にしていなかった。8勝?みんなが打ってくれるので、それを邪魔しないように投げるだけ」と謙遜する。

 0・5ゲーム差に迫ってきた4位DeNAとの直接対決3連戦。初戦を獲り、残り2試合を連勝か1勝1分けなら8年ぶりのAクラスが決まる。

 ▼中日・木下拓(3安打2打点)昨日、ナゴヤドーム隣のイオン(にある)バッティングセンターで打ってきた成果が出ました。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース