DeNAロペス国内FA権取得「一つの目標でもあったので達成できてうれしい」 来季からは日本人扱い

[ 2020年11月4日 17:51 ]

DeNA・ロペス
Photo By スポニチ

 DeNAのホセ・ロペス内野手が4日、国内FA権の資格取得条件を満たした。来季からは日本人扱いとなる。

 ロペスは球団を通じて「日本に来て8年ということで、日本人扱いになることができてうれしく思います。日本でプレーする機会を与えてくれた読売ジャイアンツ、そして6年間プレーさせていただいた横浜DeNAベイスターズに感謝したいです。8年間プレーしてきて一つの目標でもあったので、達成することができてうれしいです。日本中どこに行っても声を掛けてくれた野球ファンの皆さんにも感謝したいです。自分にとって皆さんは特別な存在です」とコメントした。

 来日8年目の今季は不振による2軍落ちも経験したが、ここまで79試合の出場で打率・273、11本塁打、39打点。日米通算2000安打、さらに外国人選手では初となる日米各1000安打も達成する記録ラッシュのシーズンとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月4日のニュース