巨人・坂本 2000安打へ残り6試合でM3!13年「VS嵐」出演 日本の顔に敬意

[ 2020年11月4日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―2広島 ( 2020年11月3日    マツダ )

<広・巨>4回1死、坂本は中前打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 2000安打は、すぐそばにある!巨人・坂本が4回1死から、しぶとく二遊間を破る中前打。2000安打まで、あと3本に迫った。

 「一本一本、一打席ずつ打ちたいという気持ちは変わらないので、あと1、2本出たら意識するんじゃないですかね」

 か・ら・だ中にファンの視線を集める中、九里の外角144キロ直球をはじき返した。2試合ぶりのスタメン復帰。1日のヤクルト戦は疲労を考慮して自らの判断でベンチスタート。普段からサプリメントでビタミンや、ミネラルを摂取するなど体調管理には余念がない。右打者では史上最年少31歳10カ月での達成に期待がかかる大台へ、きっちりコンディションを整えて一歩、近づいた。

 今年いっぱいで活動休止する嵐がデビュー日だったこの日「アラフェス 2020 at 国立競技場」をオンライン配信。坂本は、12年のTBS「ひみつの嵐ちゃん!」でファッション対決、13年のフジテレビ「VS嵐」に内海(現西武)や長野(現広島)らと出演し、嵐チームに勝利するなど共演した。09年の10周年にも祝福メッセージを送るなど節目で交流がある間柄。「日本のテレビや歌、いろんな分野で凄く力になってくれた人たちだと思います」と嵐の功績に改めて敬意を表した。

 チームは今季8度目の引き分けとなったが、坂本はM3。2000安打について「ファンの方と一緒に喜びたい。1試合でも早く打ちたい」と話していた坂本。残り6試合。Day by day…。期待がかかる右打者史上最年少の、31歳10カ月での達成は、譲れないよ、誰も邪魔できない。(青森 正宣)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース