広島・菊池涼 起死回生 9回2死から同点弾!巨人・戸郷討ちで新人王狙う森下を強力援護

[ 2020年11月4日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2―2巨人 ( 2020年11月3日    マツダ )

<広・巨>9回2死一塁、右中間に同点の2点本塁打を放ち笑顔で生還する菊池涼(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は菊池涼が起死回生の一発を放った。2点を追う9回2死一塁で5年連続2桁となる10号2ラン。初球の外角直球を右翼席へ運び「(先発の)九里が本当に頑張っていたので同点本塁打になってよかった。風にも助けられた」と笑った。

 この一発は戸郷の完封による9勝目を阻止し、現在10勝で新人王を争う同僚の森下も強力に援護。引き分けに持ち込んだ佐々岡監督は「(戸郷が)完封を狙う中、みんなで阻止する姿勢があの結果になった」と目を細めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース