日本ハム・清宮 プロ2度目の猛打賞 右前打、右前打、右前打!

[ 2020年11月4日 23:00 ]

パ・リーグ   日本ハム3-10西武 ( 2020年11月4日    メットライフD )

<西・日>3回無死、右前打を放つ清宮(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(21)が西武戦(メットライフD)で8月23日以来となるプロ2度目の猛打賞を記録した。

 清宮は「7番・一塁」で先発出場し、西武の先発・ニールから第1打席、第2打席で右前打。9回の第4打席では5番手の斉藤大から、この日3本目となる右前打を放った。

 チームで唯一の複数安打を記録する活躍を見せたが、3-10で西武に大敗し3連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース