×

阪神・スアレス セーブ王確定 2位以下の可能性消滅で

[ 2020年11月4日 19:31 ]

<神・広(22)> 9回、5番手で登板したスアレス (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神のロベルト・スアレス投手(29)の最多セーブ投手のタイトルが確定した。

 同タイトルを3差で追う中日のR・マルティネスがこの日出場選手登録されなかったことで残り試合の関係上、確定したもの。

 スアレスは今季49試合に登板。守護神として4日までに24セーブを挙げている。球団では17年のドリス以来、3年ぶりの同タイトル獲得となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース