×

マエケン&秋山 イチロー以来のゴールドグラブ賞ならず…18人中11人が初選出

[ 2020年11月4日 22:00 ]

ツインズの前田(左)とレッズの秋山(AP)
Photo By AP

 大リーグで守備のベストナインに相当するゴールドグラブ賞が3日(日本時間4日)に発表され、ツインズの前田健太投手(32)とレッズの秋山翔吾外野手(32)は受賞を逃した。前田はア・リーグの投手部門、秋山はナ・リーグの左翼手部門で最終候補3人に残り、日本選手ではマリナーズで外野手として01年から10年連続で受賞したイチロー以来、10年ぶりの栄誉を手にするか注目されていた。

 両部門ではエンゼルスの右腕キャニング、カージナルスの外野手オニールがともに初選出された。他にナは三塁手でロッキーズのアレナドが8年連続、右翼手ではドジャースのベッツが昨季までのレッドソックス時代から5年連続受賞。アは今季限りで現役を引退したロイヤルズの左翼手ゴードンが4年連続8度目の選出となった。

 今季はコロナ禍でレギュラーシーズンが60試合に短縮され、全て同地区同士の対戦だったため、従来の監督やコーチによる投票などではなく、米国野球学会の守備指数で決定。18人中、11人が初選出というフレッシュな顔触れとなった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース