阪神・青柳6回零封も…無死満塁で無得点など拙攻響いて連敗

[ 2020年11月4日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―4ヤクルト ( 2020年11月3日    甲子園 )

阪神・青柳                                                
Photo By スポニチ

 阪神は今季最多2万1340人の観衆の前で拙攻を繰り返し、延長の末に敗れた。4回1死満塁では陽川の二ゴロの間に1点を奪っただけで6回は無死満塁で無得点。矢野監督は「チャンスはつくっているけど点を取れない。こっちのペースになるところで攻め切れていない」と嘆いた。6回無失点ながら打線の援護に恵まれなかった先発の青柳は「球数が多くなってしまったが、無失点でつなぐことができたのは良かった」と前向きに語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月4日のニュース