ロッテ マーティンは左足関節捻挫 前日走塁で負傷

[ 2020年10月22日 16:34 ]

7回無死一、三塁 遊ゴロ併殺に倒れ淸田(右)におんぶされ負傷退場するマーティン (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ロッテは22日、前日の西武戦で左足首を痛めたマーティンが、立川市内の病院で検査を受けた結果「左足関節捻挫」と診断されたと発表した。

 マーティンは前日の西武戦の7回、一塁ベースを踏んだ際に左足首を負傷。痛みに苦悶(くもん)の表情を見せ、チームメートの清田に背負われてベンチに退いた。

 この日、マーティンは西巻とともに出場選手登録を抹消され、代わって岡、菅野が昇格した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース