ロッテ 3連敗で自力V消滅…マーティン負傷交代で“泣きっ面に蜂”

[ 2020年10月22日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1-2西武 ( 2020年10月21日    メットライフD )

7回無死一、三塁 遊ゴロ併殺に倒れ淸田(右)におんぶされ負傷退場するマーティン (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 泣きっ面に蜂だ。試合後のロッテ・井口監督のコメントは苦渋の色に満ちていた。「(打線は)あと1本出ていないのはずっとですけど…。取る方がなかなか点を取れない」。連日のサヨナラ負けで3連敗。自力優勝の可能性が消滅し、首位・ソフトバンクに優勝マジック点灯を許した。

 攻撃陣は前日に続いて1点止まり。さらに痛いアクシデントはマーティンの離脱だ。7回の走塁で一塁ベースを踏んだ際に左足首を負傷。痛みに苦悶(くもん)の表情を浮かべ、清田に背負われてベンチに下がった。

 25本塁打、65打点はいずれもチームトップ。立川市内の病院で検査を受けたが、井口監督は「厳しいでしょうね。明日以降は無理だと思う。(1、2軍で)入れ替えもしないと」と話した。長期離脱で今季絶望となれば、さらなる得点力低下は免れない。残り16試合。3位・西武にも4ゲーム差に迫られ、ロッテが正念場を迎えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース