【22日MLB見どころ】Wシリーズ第2戦 レイズ 18年サイ・ヤング賞左腕で巻き返しなるか

[ 2020年10月22日 06:00 ]

レイズのスネル(AP)
Photo By AP

 大リーグは21日(日本時間22日)、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでドジャースとレイズのワールドシリーズ第2戦(午前9時8分開始)が行われる。

 初戦に先勝したドジャースの先発はメジャー2年目の26歳右腕ゴンソリン。18日のブレーブスとのリーグ優勝決定シリーズ第7戦で2番手で登板してから中2日での登板となる。MVP受賞歴のあるベッツ、ベリンジャーの両選手を中心に打線の出来が鍵を握りそうだ。

 レイズは18年サイ・ヤング賞のエース左腕スネルで巻き返しを期す。リーグ優勝決定シリーズMVPのアロザレーナは第1戦で無安打に終わり、奮起が期待される。同戦で出番がなかった筒香も右腕相手に出番が回ってくる可能性がある。出場すれば日本人野手では14年のロイヤルズ・青木(現ヤクルト)以来、6年ぶりとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース