広島・宇草 死球で途中交代し病院直行 離脱の可能性 トレーナー「診断見てからの判断」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0-2阪神 ( 2020年10月21日    甲子園 )

<神・広22>5回無死、宇草は死球を受け、ベンチへ下がる (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 広島・宇草孔基外野手(23)が阪神22回戦で5回に右足への死球を受けて途中交代した。代走を送られ、試合途中で西宮市内の病院で検査を受けた。

 松原慶直チーフトレーナーは「経過を見て検討します。診断を見てからの判断になります」と説明。離脱の可能性がある。6日に初昇格し、13試合で打率・256だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース