ヤクルト・石川 今季神宮初白星に笑顔!「遅くなりましたけど」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2-1巨人 ( 2020年10月21日    神宮 )

<ヤ・巨>お立ち台で笑顔の村上(左)と石川(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ヤクルト先発の石川が6回3安打1失点で、今季の神宮初勝利となる2勝目。「神宮球場でお立ち台という気持ちは常々あった。遅くなりましたけど、上がれてうれしい」。先発投手の40代の巨人戦勝利は16年の広島・黒田以来史上10人目だった。

 同学年で切磋琢磨(せっさたくま)してきた五十嵐が今季限りでの引退を表明。五十嵐からは引退会見で、あと27勝に迫る200勝を期待された。「いい手本、ライバルとして一緒にやってきた。五十嵐の分もじゃないですが、一歩一歩、頑張っていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース