DeNAナゴヤドームで8連敗 完封許した大野雄にラミレス監督「完璧なパフォーマンスだった」

[ 2020年10月22日 20:47 ]

セ・リーグ   中日1―0DeNA ( 2020年10月22日    ナゴヤD )

<中・D>ベンチでガックリとうつむくラミレス監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは大野雄の前に最後まで得点を奪えず、ナゴヤドームで8連敗となった。

 7回までわずか3安打。8回に2死から連打で二、三塁の絶好機をつくったが、昨年大野雄に対して3打数2安打と好相性だった代打・楠本が空振り三振に倒れた。

 ラミレス監督は相手左腕について「何も言うことはないというか、素晴らしいパフォーマンスだった。本当に完璧なパフォーマンス」と脱帽した。

 先発の平良は立ち上がりに失点も、2回以降は立ち直った。7回4安打1失点の好投も援護なく5敗目を喫したが、指揮官は「戸柱とのコンビネーションもよく、それぞれの球種も凄くよかった。素晴らしい投球だった」と高評価を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース