日本ハム 今季ワーストタイ借金9、4年連続V逸…栗山監督「自分の力のなさ」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1-9ソフトバンク ( 2020年10月21日    札幌D )

<日・ソ23>ベンチでうつむく日本ハム・栗山監督(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは逆転負けで今季ワーストタイの借金9。4年連続で優勝を逃した。2回に大田の5試合ぶりの安打となる適時打で先制したが、中盤以降に大量失点。栗山監督は「そのこと(V逸)については自分の力のなさ。不徳の致すところ。しっかりと受け止めます」と厳しい表情で話した。

 主砲・中田に次ぐ長距離砲を補うため昨オフ、ビヤヌエバを補強したが、ここまで4本塁打と低迷。打率1割台ながら我慢の起用を続ける3年目の大砲・清宮も、6本塁打と伸び悩んでいる。投手陣では開幕投手を務めた有原の勝ち星が伸びず、守護神・秋吉の不調も響いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース