都市対抗 名物応援合戦今年はなし コロナガイドライン発表

[ 2020年10月22日 19:17 ]

 日本野球連盟は第91回都市対抗野球(11月22日開幕、東京ドーム)の新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応ガイドラインを発表した。

 有観客で開催し、1試合あたりの入場者数を1万人以内とし、応援団による応援を実施しないことになった。トランペットやホイッスルなどの鳴り物やメガホン、スティックバルーンなどを使用した応援も禁止。毎年一、三塁側内野席に設けられたステージで繰り広げられる華やかな応援合戦は都市対抗の名物とも言える存在だったが、今年は姿を消すことになった。

 チケットは全席指定で毎試合全席入れ替えを実施する。販売は連盟オンライン販売のみに限定。外野席や3階席も開放しない。

 また大会前には出場チーム関係者や審判員ら大会運営関係者にPCR検査を実施することも決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース