V完全消滅の広島 来季への光は遠藤 2回以降別人の好投 「最初から」佐々岡監督奮起求める

[ 2020年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0-2阪神 ( 2020年10月21日    甲子園 )

<神・広(22)> 力投する広島先発の遠藤 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 広島は、鈴木誠―松山の中軸コンビが計6三振するなど三塁を踏めない貧打で4度目の零敗を喫し、数字の上でも優勝の可能性が完全に消滅した。佐々岡監督は「残り試合、われわれは一戦一戦に集中してやるだけ」と必死に前を向いた。

 来季への光明はある。2回以降、別人のように立ち直った先発・遠藤だ。直球やチェンジアップなどで空振りを奪い、3回2死の大山から5回の青柳まで6者連続三振。5回まで毎回の9三振を奪い、7月12日の中日戦でマークした自己最多に並んだ。

 だからこそ、立ち上がりがもったいない。右前打と二盗を許した近本の三盗を阻止し、ひと息ついたと思ったのもつかの間、糸原に8球粘られて四球。続くマルテには甘いスライダーを左中間席へ運ばれた。全球種が高く浮き、初回だけで31球を数えた。

 「2回以降はゾーンで勝負できたけど、初回の入りは難しいところがある。腕を振ってストライクを先行させるのが大事。工夫しながらやっていきたい」

 続投準備をしていた7回に打順が回って代打が送られたものの、7試合ぶりに6回まで投げて4安打2失点。先発の役割を果たしながら、6敗目を喫した右腕に指揮官は「もったいない。2回から人が変わったように低めに投げられるなら、最初からできるはず」と一層の奮起を求めた。

 結果にかかわらず開幕からローテーションを外していない事実が、首脳陣の期待の大きさを物語る。「次回以降に感覚を忘れないように」と21歳。悔しさも好感触も、全てが飛躍への糧になる。(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース