来季構想外の阪神・能見 甲子園での1軍練習に参加

[ 2020年10月22日 14:29 ]

阪神・能見
Photo By スポニチ

 来季構想外で今季限りで退団することが分かった阪神・能見篤史投手(41)は22日、通常通り、甲子園での1軍本隊の練習に参加した。

 球団から事実上の戦力外通告を受けたトラ一筋16年の左腕はこの日の広島戦に向けて、中継ぎ陣らと調整を行った。直近では20日の広島戦に登板し1回無失点に封じるなど、ここまで30試合に登板して防御率4・98。今後については未定だが、レギュラーシーズンは16試合残っているだけに登板に備えていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース