中日・ビシエド 来日100号で打点トップに浮上 チームは8年ぶり貯金6

[ 2020年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   中日4-2DeNA ( 2020年10月21日    ナゴヤドーム )

<中・D(20)>来日100号本塁打を達成したビシエドは、「100号ポーズ」で喜ぶ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のビシエドが1点を追う7回2死一、二塁から決勝の逆転3ラン。エスコバーの高め直球を右翼席に運ぶ来日100号がチームを勝利に導く一発となり「同点にしようと思っていた。心から嬉しい」と笑顔をはじけさせた。

 79打点は巨人・岡本、ヤクルト・村上を抜きリーグトップ。「最後の最後まで頑張っていきたい」と最多安打、首位打者に輝いた18年以来のタイトル獲得に意欲を見せた。チームは12年以来、8年ぶりの貯金6とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース