阪神・スアレス 単独トップの22セーブ目 R・マルティネス抹消でタイトルほぼ当確

[ 2020年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-0広島 ( 2020年10月21日    甲子園 )

<神・広(22)> 9回、5番手で登板したスアレス (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神のスアレスが2―0の9回に登板し、西川を一ゴロ、長野と会沢をいずれも二ゴロで試合を締めた。わずか10球で、リーグ単独トップの22セーブ目を記録した。

 「セーブの付く場面でバトンを回してもらって、少ない投球数で3人を抑えることができたからよかったよ。次の登板にも良い流れで入っていけると思うから、自分の仕事が出来て良かったね」

 独走のチャンスだ。この日、並んでいた中日のR・マルティネスが出場選手登録を抹消された。10日間は再登録ができないため、この間に現状の1差からさらに広げられればタイトル奪取が決定的になる。

 矢野監督からも「ここまで来たらユウスケ(大山)もそうですけど、タイトルを取れるものは全部取ってほしいですね」と期待された。残り16試合。球団では17年のドリス以来のセーブ王をめざす。 (須田 麻祐子)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース