阪神・大山 マルテ復帰でプロ初の右翼へ 慣れない守備不安も、打撃ではマルテ効果期待

[ 2020年10月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-0広島 ( 2020年10月21日    甲子園 )

<神・広(22)> 7回1死一塁、大山は会沢の右飛を処理する (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 プロ入り初めて守った右翼への打球は一度だけだった。7回1死一塁からの会沢の打球はポール際への難しい打球だったが、阪神・大山はしっかりと処理。打球の角度と距離感を頭に叩き込んだ。

 マルテの復帰で、本塁打、打点の2冠を争う4番打者のポジションが動いた。矢野監督は「本当は固定してあげたいんですけど、うちのチーム事情ということで、はい。やってもらいました。練習でもやってくれてるんでね」と対応力の高さを買っての起用だと説明した。

 第1打席、鈴木誠が落とした打球はヒットから失策に訂正され、この日は1本損した格好。それでも初めてそろい踏みしたMBSプラス大山の重量打線が機能すれば、4番へのマークも分散されるメリットはある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース