阪神 能見と藤川がキャッチボール後に“ハグ” 今季限りでタテジマ脱ぐ2人がペアに

[ 2020年10月22日 15:00 ]

キャッチボールを終えて抱き合う藤川と能見(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 球団から来季構想外を伝えられ、今季限りで退団する阪神の能見篤史投手(41)は22日、広島戦に備えて甲子園での試合前練習に参加した。

 藤川、岩貞と談笑しながらグラウンドに姿を見せると、キャッチボールでは今季限りでの現役引退を表明している藤川とペアに。ともに笑顔を浮かべながら腕を振り、相手のグラブにボールを投げ込んだ。

 実は今春キャンプの初日に2人はプロ入り始めてペアを組んでキャッチボール。その際、能見は「お互い相手がいなくてね。プロに入って…初めてちゃうかな」と振り返っていた。

 数々の功績を残し、今年でタテジマのユニホームを脱ぐベテラン2人が残された時間を惜しむように白球を通して“会話”しているようだった。キャッチボールを終えるとお互い歩み寄ってハグして笑顔を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース