日本ハム・吉田輝 プロ最速150キロも6回4失点で今季初勝利ならず 「もっと厳しくいかないと」

[ 2020年10月22日 20:25 ]

パ・リーグ   日本ハムーソフトバンク ( 2020年10月22日    札幌D )

<日・ソ>力投する日本ハムの先発・吉田輝(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝がプロ入り後、初のソフトバンク戦に先発。今季3度目のマウンドで自己最長となる6回を投げたが4失点で、今季初勝利とはならなかった。

 吉田輝は初回1死三塁、3番の柳田に投じた初球にプロ入り後、最速の150キロを計測。伸びのある直球と変化球を織り交ぜ無失点に抑え、上々の立ち上がりを見せた。だが、2回に連打で1死二、三塁のピンチを招くと、9番・牧原にフォークをうまく合わせられて先制を許した。

 3、4回と3者凡退に抑えて迎えた5回。1死満塁の大ピンチで4番・グラシアルをフォークで空振り三振に打ち取ったかに見えたがファウルの宣告。気を取り直して投じた直球を中前打され2失点目。続く栗原に併殺崩れとバッテリーミスで、この回3失点と崩れた。それでも、プロ入り後自己最長となる6回のマウンドでは、走者を出したが無失点に抑えて意地を見せた。

 吉田輝は6回4失点で自己最多の111球を投げて降板。1軍デビュー登板の昨年6月12日(広島戦)以来の勝利はお預けとなった。

 ▼日本ハム・吉田輝 全体的に真っすぐはよかったと思います。2回の1点は、自分で防ぐことができたと思うので、次回に向けて反省していきたいです。5回、グラシアルに打たれた1球は、自分で首を振って真っすぐを投げたので、もっと厳しくいかないといけませんでした。まだ試合は終わっていないので、最後までベンチで応援したいです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月22日のニュース