ロッテ逆転Vへ チェン 9年ぶりの日本は10月中旬に本拠地先発濃厚

[ 2020年9月29日 05:30 ]

ロッテのチェン 
Photo By 提供写真

 元中日でメジャー通算59勝を誇り、ロッテに新加入したチェン・ウェイン投手(35=前マリナーズ)が10月中旬に先発で移籍デビューすることが28日、濃厚となった。

 首位ソフトバンクを1ゲーム差で追う井口監督は「2軍で投げるとしたら1回。その後、ローテーションに入ってくれたら」と明かした。早ければ10月5日に入団会見を行い、その週に2軍で調整登板し、13日からの本拠地6連戦で先発する。

 先発は週の頭から石川、小島、岩下、二木、中村稔、美馬の順で回る。仮に中継ぎもこなせる中村稔をブルペンに組み込めば、右3枚の守護神・益田、沢村、唐川の「勝利の方程式」に左腕を一枚加えられる。9年ぶりに日本に戻ったチェン・ウェインの新天地デビューは、17日の日本ハム戦などが有力候補に挙がる。

 中日時代に最優秀防御率のタイトルを獲得した台湾の英雄は19日に台湾から来日。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、千葉市内の自宅で20日から10月3日まで2週間の隔離生活を送るが「外に出られないので自宅でシャドーピッチングをしたり、マットレスに向かって軟らかいボールを投げたりしている」と調整に余念はない。

 コロナ禍で今季の米球界はマイナー戦が中止。マリナーズとマイナー契約と交わしていたチェン・ウェインはオープン戦で2試合に登板しただけだが、井口監督は「ここまでの間に投球練習をしてくれているので、あとは実戦感覚だけ」と期待する。今季の最終カードは11月3日からのソフトバンク3連戦。逆転優勝するためには、経験豊富な左腕の力が必要だ。 (横市 勇)

《球団初!!入団会見前にグッズ誕生》球団初の超異例待遇だ。チェン・ウェインの入団会見前にオリジナルグッズが発売される。「加油!チェン・ウェイン投手!フェイスタオル」で、あす30日からマリーンズオンラインストアで発売。台湾の旗もプリントされたデザインに「台湾語で“頑張れ”と入っていて、それも凄くうれしいです。まだ試合も投げていなく、入団会見すらしていないのに、ファンに知ってもらえる機会がもらえてうれしい」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月29日のニュース